鳥類臨床研究会第21回年次大会参加

鳥類臨床研究会第21回年次大会参加

2017年10月8・9日に東京で開催された鳥類臨床研究会年次大会に参加してきました!

1日目は症例報告や回顧研究、2日目は鳥類における抗癌剤治療について勉強してきました。

既知の病原体でも異なる鳥種での重症例や、慢性消耗性疾患として知られている感染症による

突然死の例など、これまでと認識を改めなくてはならないこともありました。

今年もたくさん学べたので、日々の診療に活かしていきたいと思います!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鳥類担当獣医師:菅野 祥子

 

 

角膜用マイクロハンドモーターの導入について

再発性角膜糜爛(角膜上皮の接着不全によって角膜潰瘍、角膜糜爛が治癒不全を起こしたり、再発を繰り返す疾患)や角膜ミネラル沈着(慢性炎症や耳下腺

Avian pathology seminar

 2017年5月14日(日)麻布大学にて行われたAvian pathology seminarに参加してきました!一口に「鳥類」といっても、

当院の避妊手術、去勢手術に関する考え方

避妊手術、去勢手術は一般の動物病院であればどこでも日常的に行われる手術の一つです。 ただし☆健康な動物たちに対して全身麻酔をかける