眼科健診(アイチェック)のご案内

眼科健診(アイチェック)のご案内

伴侶動物である犬猫も高齢化や平均寿命の延長がみられ、加齢に伴って様々な疾患が増加することが知られています。

眼科疾患も加齢によって、核硬化症や加齢性白内障、網膜変性などがみられることがあります。

当院では眼科診療を行っており、眼科に限定した健康診断(アイチェック)を推奨しています。

眼科健診内容

 ☆診察

  動物への視診、聴診、触診や飼い主さんへの問診を行います。

 ☆細隙灯検査

  眼科専用の顕微鏡で眼表面から眼内(前部)の検査を行います。高画質の写真を保存することで検査結果を判断します。

17021948_1220417431408061_8765542887646044736_n

 ☆角膜染色試験

  ドライアイや角膜の障害、眼表面の状態を検査します。

%e5%9b%b32

 ☆流涙量測定試験

  ドライアイ(涙量減少型)の検査をします。

 ☆眼圧検査(散瞳処置の前後2回)

  一般的に眼内に炎症があると眼圧は減少して、緑内障などになる眼圧が上昇します。散瞳処置の前後で2回測定します。

 ☆網膜眼底検査

  網膜の写真を専用の眼底カメラで撮影します。視神経疾患や網膜疾患、緑内障疾患の検査に用います。

17021519_1220417064741431_5013969686266489044_n

 ☆眼超音波検査

  眼内の状態を超音波(いわゆるエコー)機器を用いて検査を行います。網膜剥離や眼内腫瘍性病変を描出します。

42792847_1254493804692299_7206221091302277120_n

※白内障や角膜の混濁(=光が奥まで通過できない)がある場合には、網膜眼底検査は実施できません。

※完全予約制 1日3件までとなっております。

※半日お預かりしての検査となります。午前診療時間の来院と午後診療時間のお迎えとなります。

※お迎え時に獣医師からの説明を行います。健康診断書は約1週間後に郵送いたします。

 

 検査費用

  10000円(税別)

※検査の結果、追加検査や治療が必要な場合には処方料や薬代が別途かかります。

※初診の方の場合、カルテ作成料(600円)が別途かかります。

フィラリア予防について

3月に入り、日中は少し暖かさを感じれるようになってきました。春の訪れももう少しでしょうか。動物たちも過ごしやすい季節になりますね。春になると

春の予防について

もうすぐ4月を迎えるためワンちゃん、ネコちゃんの予防期間のお問い合わせをいただくことが増えました。診察の待ち時間も長くなることもあるため、可

フィラリア検査時の簡易健康診断について

ワンちゃんのフィラリア予防を開始する際には、必ず血液検査を実施します。フィラリアの感染の有無を確認してから投薬する必要があります。この際の余

ワクチン、フィラリア時の眼科検診について

4月から6月は狂犬病ワクチン接種とフィラリア予防のために健康なワンちゃんたちがたくさん動物病院に来院されます。ワクチン接種、フィラリア予防で

狂犬病ワクチンの接種について

狂犬病ワクチンの接種と登録は国の法律(狂犬病予防法、狂犬病予防法施行規則)ですべてのワンちゃんの飼養者に義務付けられています。法令違反には罰

眼科医療機器の導入について

患者さんへより良い眼科医療を提供するために、新しい医療機器を導入しました。①隅角鏡眼の中の排水溝である隅角を検査するための専用レンズです。緑

3月の休診について

3月28日(土) 鳥類休診3月30日(月) 鳥類休診(犬猫診療は通常通り)上記期間は診療担当獣医師不在のため休診といたします。ご迷惑をおかけ

猫のマダニ予防について

当院では猫のフィラリアとノミの予防に対して6%レボリューションを推奨してきました。現在6%レボリューションをご使用の方、これから予防を考慮さ

獣医師の募集(勤務獣医師または幹部候補獣医師)

ブルーバード動物病院では新規スタッフを募集しています。 当院は松山市の中心地近くに位置する病院です。診療対象動物実績犬:40% 猫

4月の休診

03

April

2020

 4月8日(水) 臨時休診  上記期間は診療担当獣医師不在のため休診といたします。 ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたしま

鳥用餌の価格改定について

2020年4月1日より卸価格の改訂に伴い、当院での小売価格の改訂を行います。対象製品一部ラウディブッシュ社製品国産皮付餌大変ご迷惑をおかけし

眼科手術の対応と眼科専門診療

白内障手術や緑内障手術、水晶体脱臼手術、角膜手術への対応拡大眼科専用顕微鏡と白内障手術器具を導入したことで今まで大学等を紹介していた手術にも