眼科健診(アイチェック)のご案内

眼科健診(アイチェック)のご案内

伴侶動物である犬猫も高齢化や平均寿命の延長がみられ、加齢に伴って様々な疾患が増加することが知られています。

眼科疾患も加齢によって、核硬化症や加齢性白内障、網膜変性などがみられることがあります。

当院では眼科診療を行っており、眼科に限定した健康診断(アイチェック)を推奨しています。

眼科健診内容

 ☆診察

  動物への視診、聴診、触診や飼い主さんへの問診を行います。

 ☆細隙灯検査

  眼科専用の顕微鏡で眼表面から眼内(前部)の検査を行います。高画質の写真を保存することで検査結果を判断します。

17021948_1220417431408061_8765542887646044736_n

 ☆角膜染色試験

  ドライアイや角膜の障害、眼表面の状態を検査します。

%e5%9b%b32

 ☆流涙量測定試験

  ドライアイ(涙量減少型)の検査をします。

 ☆眼圧検査(散瞳処置の前後2回)

  一般的に眼内に炎症があると眼圧は減少して、緑内障などになる眼圧が上昇します。散瞳処置の前後で2回測定します。

 ☆網膜眼底検査

  網膜の写真を専用の眼底カメラで撮影します。視神経疾患や網膜疾患、緑内障疾患の検査に用います。

17021519_1220417064741431_5013969686266489044_n

 ☆眼超音波検査

  眼内の状態を超音波(いわゆるエコー)機器を用いて検査を行います。網膜剥離や眼内腫瘍性病変を描出します。

42792847_1254493804692299_7206221091302277120_n

※白内障や角膜の混濁(=光が奥まで通過できない)がある場合には、網膜眼底検査は実施できません。

※完全予約制 1日3件までとなっております。

※半日お預かりしての検査となります。午前診療時間の来院と午後診療時間のお迎えとなります。

※お迎え時に獣医師からの説明を行います。健康診断書は約1週間後に郵送いたします。

 

 検査費用

  10000円(税別)

※検査の結果、追加検査や治療が必要な場合には処方料や薬代が別途かかります。

※初診の方の場合、カルテ作成料(600円)が別途かかります。

受付職員の募集

04

January

2020

ブルーバード動物病院では受付事務職員を募集しております。ご希望の方は一度お電話でご連絡ください。面接及び履歴書の評価によって採用の可否を判断

新年のご挨拶

04

January

2020

新年あけましておめでとうございます。 一年を振り返りますと当院が6月には開院5周年を迎えることができました。ここ松山の地に開院して

1月の休診について

1月24日(金)から1月26日(日) 犬猫休診(1月24日と1月25日の鳥類診療は通常通り) 上記期間は学会参加による診療担当獣医