眼科診療

犬と猫の眼の病気

最新の治療を行っています。

代表的な眼の病気

  • 角膜疾患

    角膜疾患

    眼の表面を構成する角膜の病気です。
    ドライアイや角膜外傷が含まれます。
    眼の痛みや赤み、眼やになどの症状が出てきます。

  • 白内障

    白内障

    眼の中の水晶体が白く濁ってくる病気です。
    進行すると失明することあります。
    緑内障や水晶体起因性ブドウ膜炎などの合併症を引きおこすこともあります。

  • 緑内障

    緑内障

    様々な原因によって、眼の中の圧力が上昇する病気です。
    圧力の上昇によって視神経の障害や失明、眼の痛みを引き起こします。

  • 網膜疾患

    網膜疾患

    網膜剥離や網膜変性などの様々な疾患があげられます。
    また緑内障によって視神経や網膜の障害が引き起こされます。

眼科内科対応疾患

角膜結膜疾患(ドライアイ、角膜潰瘍、角結膜炎など)、眼瞼疾患、ぶどう膜疾患、白内障合併症、緑内障、網膜疾患

眼科外科対応疾患

角膜結膜疾患、眼瞼疾患、一部緑内障外科(眼内注射、義眼手術など)
レーザー手術(経強膜毛様体凝固術)に対応可能

対応外手術

対応外手術(白内障手術、緑内障チューブシャント手術など)はどうぶつ眼科専門クリニック(大阪府)への紹介となります。

眼科手術提携病院紹介

辻田裕規

どうぶつ眼科専門クリニック外観

どうぶつ眼科専門クリニック

院内の様子

どうぶつ眼科専門クリニック 院長
DVM, Diplomate of ACVO

辻田裕規

アメリカ獣医眼科専門医

所属学会
米国獣医眼科学会American College of Veterinary Ophthalmology
比較眼科学会
日本獣医臨床眼科研究会
比較眼科学会獣医眼科専門医

眼科診療時間

予約優先制となっております。
可能な限り来院前のご予約をお願い致します。
緊急性が高い場合には、予約診療より急患対応を優先致します。

9:00〜12:00
16:00〜19:00

火曜日、日祝の午後は休診日です