眼科手術体制の拡充

眼科手術体制の拡充

先だってお知らせさせていただいたように当院では今春に眼科手術器械を導入して白内障手術、緑内障手術、角膜手術などの眼科手術への対応及び手術体制を大幅に強化いたしました。

眼科医療機器の導入について

 

さらに近夏から大阪府より眼科手術に2名の獣医師(眼科獣医師1名、循環器認定獣医師1名)を招聘して手術体制の更なる強化を行うこととなります。

 

獣医師紹介

萩 清美 獣医師

松原動物病院 眼科主任

大阪府立大学 獣医臨床センター 特任助教

  • 獣医教育・先端技術研究所主催 腹部超音波研修修了
  • 獣医教育・先端技術研究所主催 心エコー研修修了
  • 奥本動物病院 眼科研修(2008年~2009年)
  • 大阪コミュニケーションアート専門学校講師(2011年~)
  • 比較眼科学会 臨床生涯教育プログラムセミナー 修了
  • フロリダ大学眼科研修(短期)(2014年)
  • 動物眼科専門クリニック眼科研修(2014年~)

眼科手術の執刀及び手術スタッフ教育をしていただく予定です。

 

高智 正輝 獣医師

松原動物病院 循環器主任

かみよし動物病院 循環器科担当

どうぶつ眼科専門クリニック 麻酔科医

日本獣医循環器学会認定医
日本動物病院協会総合臨床医

  • 関西動物ハートセンター 心エコー図検査セミナー全3回コース終了
  • 日本小動物血液透析協会主催 全五段階血液透析セミナー修了
  • 大阪コミュニケーションアート専門学校講師(2011年~2014年)
  • 麻布大学附属動物病院循環器科専科研修医(2013年~2017年)
  • どうぶつ眼科専門クリニック麻酔教育非常勤講師(2014年~)
  • American College of Veterinary Emergency and Critical Care 認定RECOVER webコース 2018 修了

眼科手術の麻酔管理及び麻酔スタッフ教育をしていただく予定です。

 

今後2カ月に1回眼科手術日を設定して両獣医師と当院眼科獣医師、当院スタッフで白内障手術を含めた眼科手術にあたることとなります。より専門かつ経験豊富な眼科獣医師と当院眼科獣医師が協力して手術を実施していきます。また白内障手術の患者さんは高齢、糖尿病、心臓疾患などの既往歴を持っていることも多いですが、手術時の麻酔管理に専任獣医師が管理することができるようになります。

今後より安全で高度な眼科手術を提供できるようになります。

 

白内障や緑内障などの眼科診療は当院眼科獣医師が担当しております。

手術を希望される患者さんはご予約を取っていただき診察時にご相談ください。

 

 

 

眼科手術日のお知らせ

奇数月の第三月曜日 上記の診察日の午後は眼科専門手術(白内障手術、緑内障手術など)のために外来が休診となります。状況に応じて休診日が前後する

7月の休診について

7月20日(月)午後 犬猫臨時休診(午前中は通常診察となります。) 上記期間は眼科専門手術(白内障手術、緑内障手術など)のため休診

緑内障手術

03

June

2020

当院で対応している手術は以下の術式になります。①視覚回復の可能性がある緑内障眼☆チューブシャント手術 眼内と眼外を連結する専用チューブを設置

白内障手術

03

June

2020

【白内障手術の流れ】白内障手術は安全に手術を行うためにしっかりと術前に検査して全身の状態を把握する必要があります。また白内障手術時には全身麻

白内障手術を含む眼科手術について

当院では開業以来、眼科診療と鳥類診療の2つを柱として専門診療を地域に提供してきました。今回、新たに眼科手術顕微鏡及び白内障手術機器の導入する

眼科手術体制の拡充

先だってお知らせさせていただいたように当院では今春に眼科手術器械を導入して白内障手術、緑内障手術、角膜手術などの眼科手術への対応及び手術体制

眼科医療機器の導入について

患者さんへより良い眼科医療を提供するために、新しい医療機器を導入しました。①隅角鏡眼の中の排水溝である隅角を検査するための専用レンズです。緑

猫のマダニ予防について

当院では猫のフィラリアとノミの予防に対して6%レボリューションを推奨してきました。現在6%レボリューションをご使用の方、これから予防を考慮さ

獣医師の募集(勤務獣医師または幹部候補獣医師)

ブルーバード動物病院では新規スタッフを募集しています。 当院は松山市の中心地近くに位置する病院です。診療対象動物実績犬:40% 猫

ipet アイペット損害保険 窓口対応開始のお知らせ

従来のanicomアニコム損害保険の窓口対応に加えて6月からipetアイペット損害保険の窓口対応を開始しました。  https://www.