緑内障手術

緑内障手術

当院で対応している手術は以下の術式になります。

①視覚回復の可能性がある緑内障眼
☆チューブシャント手術
 眼内と眼外を連結する専用チューブを設置して眼圧を低下させる手術です。
☆経強膜毛様体凝固術
 半導体レーザーを眼外から照射して眼圧を低下させる手術です。

②視覚回復の可能性がない緑内障眼
☆義眼手術
 眼内容物を除去してシリコンボールを設置する手術です。緑内障の痛みから解放して、美観も維持する手術です。
☆眼球摘出術
 眼球を全て取り除く手術です。美観的には術後大きく変化がありますが、緑内障の痛みから解放してあげることができる手術です。
☆硝子体内注射
 薬剤を眼球内に注射して眼球瘻(眼球が萎縮した状態)を引き起こします。美観的には眼球が萎縮すると奥目になります。単回で反応が十分でない場合には複数回繰り返すことがあります。無麻酔で実施することが可能です。

視覚が回復する可能性があるかどうか?美観を維持するかどうか?麻酔をかけることができるかどうか?によって選択する術式が変わってきます。

手術を希望される飼い主さんは一度ご相談ください。

【重要】台風14号の接近に伴う臨時休診について

大型台風接近の対応について 投稿している18日午前の段階で9月19日(月)は台風14号の接近により四国地方に暴風及び記録的な大雨が発生する可

9月の臨時休診のお知らせ

9月17日(土) 鳥類休診9月19日(月) 午後休診9月24日(土) 鳥類休診9月30日(金) 午後休診 上記の日程は臨時休診となっています

鳥類臨床研究会認定会員試験合格のお知らせ

おかげさまで、鳥類臨床研究会による第1回認定会員試験に獣医師菅野祥子が合格しましたので、ここにご報告させて頂きます。ここに至るまで支えてくれ

緑内障手術

03

June

2020

当院で対応している手術は以下の術式になります。①視覚回復の可能性がある緑内障眼☆チューブシャント手術 眼内と眼外を連結する専用チューブを設置

白内障手術

03

June

2020

【白内障手術の流れ】白内障手術は安全に手術を行うためにしっかりと術前に検査して全身の状態を把握する必要があります。また白内障手術時には全身麻

「愛媛Komachi」10月号への記事掲載

 9月20日発売の情報誌「愛媛Komachi」10月号の特集「ワンこまち」にて当院が紹介されました。 毎年この時期に特集される「ワンこまち」

診療費及び薬剤費の価格改定

時期10月1日から 昨今の原材料費の高騰に伴う薬剤の価格上昇、半導体不足からの医療機器の高騰、流通や為替の影響による医療材料などの上昇に対応